ユニットバスへリフォームするなら素材選びを慎重に

ユニットバスは基本的にお手入れのしやすいタイプですが、壁面の素材によっては更に掃除がしやすく清潔に保てるため、素材選びは慎重に行いましょう。


また、リフォーム時の素材選びは掃除のしやすさを確認するという点も大切ですが、浴室を主に使用する人によっては、保温性が高い素材が適している事もあります。
例えば、人造の大理石の場合では提供する会社によってカラーが異なり、見た目の種類も豊富にあるという特徴があります。
さらに水垢などの汚れが落ちやすく、掃除がしやすいという特徴もあります。

保温性の高い素材が好ましい場合には、人造の大理石よりもガラス繊維強化プラスチックを使用したタイプのユニットバスが適しています。



ただし、人造の大理石とは異なり、素材の表面に傷がつきやすく、掃除を怠ると傷がついた部分が汚れによって変色する可能性もあります。

OKWaveの情報を公開しています。

それでも中性洗剤を使用すれば簡単に掃除ができる素材になっています。
メーカーによって素材には種類が他にもあり、ホーローやステンレス使用しているユニットバスがあります。
ホーローの場合では、見た目の質感がよく美しさが際立ちますが傷がついた場合には錆の原因になるため注意が必要になります。


浴室のリフォームを考えている場合は、ユニットバスのサイズを選択し、機能性や安全面を考慮したデザインを選び、カラーや素材を選ぶようにしましょう。



特に掃除のしやすさ、保温性の高さ、見た目や質感など、自分が希望する条件によって選ぶ素材が変わるため、まずはリフォーム会社に素材の細かな違いを確認してから決めるようにしましょう。