ユニットバスにリフォームしなければならない理由

高齢者を中心に浴室内の事故が多発しています。
転倒事故で骨折することは珍しくありませんが、最近は「ヒートショック」による大きな事故も報告が相次いでおり、対策が急がれています。

フローリングの補修はとても人気があり、興味深いです。

急激な温度変化に身体がついていかず、血圧が大きく変動して場合によっては倒れてしまい、命にかかわる重大な症状を引き起こすこともあります。

ヒートショックの事故が発生しやすいのは、古いタイプの断熱性が悪くたいへん寒い浴室です。そのような旧式の浴室の場合は早急に新しいユニットバスへのリフォームが必須となるでしょう。
ユニットバスは浴室全体の保温性が高いために、寒い季節にも外気の影響で大きく室温が下がることはありません。

エキサイトニュースについて考えます。

また浴室暖房乾燥機を入浴前に運転させることで、脱衣所との温度差も小さくすることでより安全性が高くなります。

寒くない浴室という環境を整えることが事故を防ぐ最善の方法ですので、リフォームをすることを強くおすすめします。



またユニットバスには高齢者も使いやすく、転倒の事故を防ぐ工夫も施されています。

浴槽内のすべり止めであったり大きめの手すりが設置されているなど、安全面の配慮も行き届いています。

車椅子での入室も可能となるように、脱衣所との段差をなくして出入り口の間口を広げた引き戸タイプのドアを選択することでよりバリアフリー化ができるでしょう。
安全面に重点を置いたリフォームを実施することで、高齢者だけでなく家族全員が安心して利用できる場所となります。