「ユニットバス」リフォームの基礎知識

ユニットバスとは、工場であらかじめ製造された浴槽や壁、そして天井や床といったパーツを現場で組み立てるという方法で設置するバスルームのことを指します。


リフォームを行う場合は、まず現在使っているバスルームのサイズを測り、どのタイプのユニットバスに適合するのかを確認する必要があります。

浴室リフォームを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

カタログなどでは「0.75坪」や「1坪」といった床面積での表示がなされており、例えば「1坪」のタイプであれば「1600mm×1600mm」などのサイズになります。

有望なiemoを求める人にお勧めしたいサイトです。

ただしこのサイズの規格に関しては、メーカーごとに異なる場合があるため事前に確認が必要です。

広さのタイプの選び方に関しては、家族で使用する場合や介護が必要な方がいる場合などは広めのものを選んだほうが良いと言えますし、広さの感覚もそれぞれの製品によって異なる場合もあるため、実際にショールーム等で確認することが重要でしょう。
ユニットバスにリフォームするメリットとしては、「壁を壊さずに設置できる」ということが挙げられます。


そして狭い通路であっても、間口650mm、曲がり角は750mm以上確保できれば、玄関からの搬入も可能です。
ただし注意点としては、バスルームは床下が浸水により腐食しやすいため、リフォームをする際にその腐食部分の補修費用等(追加費用)がかかる場合も多いということが挙げられます。



そしてユニットバスは規格品であるため、バスルームの形状によっては設置できない場合があるということをあらかじめ考慮しておきましょう。