ユニットバスのリフォームでおすすめのオプション

category01

住設機器メーカーではさまざまなユニットバスのオプションを取り扱っており、好みに合わせて理想の浴室を作り出すことが可能となっています。

日本経済新聞の情報を調べてみましょう。

お風呂に入ることや、身体をきれいにすることのできる洗い場があることなどの基本的な浴室としての機能に付加価値をプラスすることで、より生活を豊かに快適なものへとすることができます。

あなたにオススメのユニットバスのリフォームの総合案内サイトです。

最近はデザイン面を重視したリフォームを求める人も多くなっています。
かつてのユニットバスは壁の色が白っぽく、証明もごく普通のそっけないデザインのものというシンプルなスタイルが主流でした。近年はアクセントカラーといって壁の色をブルーやレッドなどの明るく爽やかな色として、間接照明を用いて奥行き感を出すなどの工夫がされたユニットバスが人気です。
浴室を上質な空間としてグレードアップすることでよりリラックスができるようになります。



また機能面を重視したリフォームも人気があります。

特に需要の高い装備には浴室乾燥暖房機付きの換気扇があります。

梅雨のような湿度の高い時期に室内干しをする際にとても役立つ他、冬場の入浴時のヒートショックを予防する効果もあります。


また節水機能のついたシャワーや湿気を含まないカラッとした床など、魅力的な機能が多く開発されており、消費者のニーズに応える形となっています。

どのようなユニットバスへリフォームをするのかを家族全員で希望を出し合って検討してみましょう。
住設機器メーカーのホームページや比較サイトを参照することもおすすめです。

注目情報

category02

ユニットバスは基本的にお手入れのしやすいタイプですが、壁面の素材によっては更に掃除がしやすく清潔に保てるため、素材選びは慎重に行いましょう。また、リフォーム時の素材選びは掃除のしやすさを確認するという点も大切ですが、浴室を主に使用する人によっては、保温性が高い素材が適している事もあります。...

subpage

みんなの常識

category02

ユニットバスとは、工場であらかじめ製造された浴槽や壁、そして天井や床といったパーツを現場で組み立てるという方法で設置するバスルームのことを指します。リフォームを行う場合は、まず現在使っているバスルームのサイズを測り、どのタイプのユニットバスに適合するのかを確認する必要があります。...

subpage

意外な事実

category03

ユニットバスにはいくつかの決まった大きさ(坪数)があります。賃貸マンションなどの限られたスペースの住宅には0.5坪タイプのコンパクトなサイズがよく採用されています。...

subpage

身に付けたい知識

category04

高齢者を中心に浴室内の事故が多発しています。転倒事故で骨折することは珍しくありませんが、最近は「ヒートショック」による大きな事故も報告が相次いでおり、対策が急がれています。...

subpage